このブログでは有益なプロモーションを掲載しています

深夜にかわいい授乳ライトで癒されたい!プレゼント用にもおすすめのウサギナイトライトhsd-n119

usaginightlight

毎日深夜に赤ちゃんに起こされている皆さん

お疲れ様です

ヘトヘトの毎日に少しでも癒しを!

深夜の授乳やオムツ替えにピッタリのかわいいライトがあります。

可愛くて、安心、高機能です

こんな人に

  • ナイトライトを探してる
  • 安全なものがいい
  • かわいいデザインがいい
  • 高すぎるものはイヤ
  • 時計としても使いたい

ウサギナイトライトの特徴

  • ライト部分がシリコン製で熱くならない
  • USB充電式で経済的
  • 大きくなったら目覚まし時計に
  • 価格は3000円程度
  • 可愛いデザイン
  • 出産祝いのプレゼントに最適

実際の使用感をレビューしますよ!

すぐ読み終わるのでサクッとどうぞ。

目次

ライト部分が熱くない

授乳するうえで、また赤ちゃんに大切なことは安全性ですね。

子どもが万が一触ることもあるかもしれませんし

深夜で朦朧としていたら親だって倒したりするかもしれません。

ウサギライトはライト部分がシリコンでできていて

触っても熱くありません(ぷにぷにしてます)

また、ほかにも以下のような嬉しい機能がいっぱいです

無段階調光

上のを長押しすれば

無段階で明るさを調整できます

ライトボタン
付き添いモード

一番明るい光から一番暗い光まで段階的に暗くなり、

30分後に消灯します

ライト暗め
タッチ式

をタッチすれば

ライトのオン/オフ

目覚ましのオン/オフ

1年間保証

商品の到着から1年以内に不具合が生じた場合、

無償で部品の交換や新品との交換をしています

sumu

充実の機能だね

zubi

特に、ライトに触っても安全なのが大事だよ

電池がいらない

ウサギライト裏面
USB充電式

付属してくるUSB充電ケーブルを使って充電します。

電池式ではないので経済的ですね。

コンセントから充電する際には別にアダプタを準備する必要があります。

気になる充電持ちですが、

筆者は常にエコモードにしているため

充電は月に1回すれば足りていますよ。

一人で起きられるようになったら目覚まし時計に

このライトはナイトライトですが、時計とアラーム機能がついています。

スヌーズまでできて本格派です。

赤ちゃんから成長して、

子どもが一人で寝起きしたいときにも

新しく目覚まし時計を買わずに続けて使うことができます

一人で寝れるようになったら、添い寝モードでだんだん暗くして使えば安心ですね。

また、時計の機能として、何年・何月・何日まで登録できます。

ナイトライトとしても、時計としても使え、

赤ちゃんの時だけでなく大きくなってもずっと使えて便利です。

ウサギライト時計
sumu

小学生になっても使えそうだね

zubi

大人でも使えるデザインだから、長く使ってもらえるよ

価格は2,000~3,000円ほど

筆者が買ったときは2980円でした。

ライトで時計で充電式で機能満載

いい買い物をしたと思います。

しかもウサギが好きな人は絶対好きなデザイン!!

また、自分のこども用にもいいですが

友達や職場の人へのプレゼントに最適ですよ。

箱も可愛いですし、説明書も詳しく記載されていしす。

他とカブりにくいプレゼントかなーと思います。

人感センサー付きライトはこちら

デザインが可愛い

赤ちゃんに優しい色合いで

ホワイトとピンクの2色あります

窓からウサギが覗いているデザインが娘に好評でした。

あまりビカビカした?デザインが好きではない人は

優しいホワイトやピンクの色合いに癒やされますよ。

表面にある布の質感はこんな感じです

さらっとしていて、グレーの濃淡がある生地です

ウサギライト生地拡大
zubi

大人っぽくていいでしょ?

sumu

汚れが目立たなそうでいいなぁ・・

まとめ

数ある育児グッズの中でも、満足しているアイテムの一つです

深夜の授乳・おむつ替え

子どもの寝起き用の時計

出産祝いのプレゼント

ちょうどいいアイテムです。

最後に大きさ比較

サイダーとウサギライト

【ソラノメ】GPSみまもり端末はフルタイム勤務の味方!その特徴と使用シーン例をご紹介 – (suzumusubi.com)

sumu
英語を話せるようになりたい!
その過程や英語学習情報を
同じ想いを持った人へ発信しています。
初心者でも、子どもがいても、仕事が忙しくても
なりたい自分を実現したい!
英語・子育て・仕事中心です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらへ

コメントする

目次